2021年1月の台峯 

@コナラの紅葉
季節が秋から冬に入りましたが、台峯の紅葉は12月になっても来訪する人を楽しませてくれます。
12月15日 老人の畑脇の散策路で撮影:望月眞樹








A山の手入れ
毎月第3土曜日は当基金の山の手入れ作業日です。
梶原配水地脇に10時に集まり12時には解散しています。
参加は自由で、当日直接現地に来て頂ければ道具などは基金が用意します。
今回は2グループに分かれ、1グループは畑の跡地の土手の草刈をしました。
今の時期に手を入れておくと、春になって野草などが綺麗な花をつけます。
12月19日畑の跡地で作業風景撮影:望月

Bランニング
最近は昼夜を問わずランニングをする方の姿を街中でも見かけます。
北鎌倉女子学園脇の急坂を上り、台峯の尾根筋を通り梶原口に降りる山道をランニングする方も見かけます。
車も通らず、自然の香りを胸一杯に吸って、安全に走れるからでしょうか?
12月27日老人の畑脇の尾根道で撮影:望月

C雑木林の自然が作るオブジェ
落葉樹が葉を落とし、冬の寒風に、耐えるため、雑木林の木々は 根をいっぱいに張って肩を寄せ合います。
その様子は自然が作り出すオブジェといえます。
12月27日山崎小に抜ける尾根筋で撮影:望月



 写真提供 望月眞樹さん